座る・くらべる 一脚展 +

一脚展+(プラス) 2018 を終えて ()
    初日より多くの方にご来場いただいた、一脚展プラス 2018、今回も盛況のうちに無事閉会する事ができました。     今回のテーマはいかがでしたでしょうか。 それぞれ作り手が様々な解釈で「シコウ」の椅子を作りました。 ...
    初日より多くの方にご来場いただいた、一脚展プラス 2018、今回も盛況のうちに無事閉会する事ができました。     今回のテーマはいかがでしたでしょうか。 それぞれ作り手が様々な解釈で「シコウ」の椅子を作りました。     「思考」「指向」「至高]「嗜好」「試行」そして「シコウシコウ.....」とイメージを膨らませた結果いつのまにか「コウシ>格子」 になった椅子も。     15脚集まった新作椅子、それぞれの形と座り心地は、各作り手の個性があらためて感じられる機会ともなりました。  お気に入りの椅子が見つかった方は、是非作者のサイトなどに訪れてみてはいかがでしょうか。     会期中は、台風21号の影響もあり、天候が思わしく無い日もありましたが、これまで以上に多くの方にご来場いただく事ができ、また、400枚集まったアンケートを通じ、各椅子へのご意見やご感想等を作者の皆さんへ届ける事ができました。   皆様、ご来場・ご協力をいただきまして本当にありがとうございました。     次回の開催時期、詳細については未定ですが、決まりましたら後日このブログにてお知らせいたしますので、是非楽しみにお待ちください。     今後も一脚展、どうぞ宜しくお願いいたします。         一脚展実行委員会            出展作家   ・會田 達也 / 木の仕事 ・井上忠良 / interior works PLUS PLUS ・岡田 敦 / 岡田家具創造堂   ・岡田 光司 / isDesign   ・北島 庸行 / atelier KIKA ・児玉 正和 / 谺工房 ・後藤 雅宏 / 後藤雅宏工房 ・佐々木 拓也 / NaLgreen   ・関野 央也 / Hiroya Sekino   ・中野 潤 / JunWoodworkingLab   ・中山和紀 / ナカヤマモッコー   ・馬場田 研吾 / BABATA WOOD DESIGN   ・迎山 直樹 / Tenon   ・村上 剛・順子 / MURACO   ・安森 弘昌 / 神戸芸術工科大学准教授 (出展者名 五十音順)                                        
>> 続きを読む